最後の個展
b0108779_2114777.jpg
さらに部屋の整理を続けていると、私としては最後の個展の新聞記事を発見しました。この後は教頭になりますので美術の世界から引退します。この個展はサッポロファクトリーの企画によるもので、50点の作品(顔ばかり)を展示しました。作品数が多かったため連日徹夜に近い状態で制作したことを覚えています。若かったからできたことです。このシリーズは「石塚耕一/ストリート・オブ・クロコダイル」として、前年から札幌市で発表していたものです。ファクトリーの2周年記念のチラシにその作品がカラーで紹介されていましたが、どこを探しても見あたりません…。残念です。
by manabinomori | 2009-01-02 21:14 | 制作 アート | Comments(0)
<< 不思議な縁 長嶋茂雄 >>