VariAudio
b0108779_21581049.jpg
私の作曲ツールであるCubase 5には、VariAudioが搭載されています。これまで使っていたmelodyneと比較すると、素早くオーディオのピッチ補正をすることが可能です。画面は、「唐津の風が吹く」のボーカルをVariAudioで補正しているところです。melodyneはプラグインなので、画面が小さく、しかも高機能なので操作に時間を要します。しかしVariAudioはCubaseに統合されているため、MIDIのように補正できます。UndoとRedoも可能です。ピッチとビブラートを短時間で補正できるのはありがたいことです。ハーモニーをつくるのも簡単です。例えば音威子府村でつくった最後の曲『咲く』には、私の「アーアー…」というコーラスが入ります。これはmelodyneで苦労してつくったのですが、VariAudioを使えば短時間でできてしまいます。それをMIDIノートに書き出すことも可能です。便利な時代になったものです。
by manabinomori | 2009-11-08 21:58 | 制作 音楽 | Comments(0)
<< 授業 雑感 >>