どれがいいですか?
b0108779_22334045.jpg
b0108779_22334756.jpg
b0108779_22335353.jpg
b0108779_22335893.jpg
b0108779_2234447.jpg
b0108779_6573446.jpg
b0108779_2234934.jpg
b0108779_1893737.jpg
勝手に考えてみました。
by manabinomori | 2010-02-01 22:34 | 奇跡の学校 | Comments(9)
Commented by KEN at 2010-02-01 23:51 x
どれも味がありますが、強いてあげれば上から3番目か一番下でしょうか。音威子府の自然を感じさせつつ、何か心のひだを感じさせるような写真が本の内容に似つかわしいと思いますが。
 そこに長く勤めていなければ撮れない写真もあります。「採用されない」とは言わずに、蔵だし写真を期待していますよ。
Commented by まちたろー at 2010-02-02 01:29 x
こんにちはー。
私的には、音威子府の時のブログは、雪の中の学校のイメージが強く残っているので、1枚目の写真が良いと思います。
空の青さもきれいですねー。

本、期待していまーすw
Commented by 村から村へ at 2010-02-02 06:46 x
おはようございます。
どれもいいのですが、最後の2枚がいいかと。
題名違うのがありますが
Commented by gaudi at 2010-02-02 07:05 x
意図が分かりませんが、単純に3番目、次が2番目でしょうか。
Commented by sakamoto at 2010-02-02 12:27 x
私はおといねっぷに行ったことがありませんが、
一番目と三番目の雪景色が好きです。
学校がメインの内容でしたら、一番目を
推薦させて頂きます。
Commented by ezoneppu at 2010-02-02 17:24 x
私は音威子府村出身です。
3番目の写真を見て懐かしさがこみ上げて来ました。
中々帰る事が出来ない音威子府村の情報を知ることが
できるので、こちらのブログをいつも楽しみに見ています。
最後の音威富士が写っているのも良いですね!
本、楽しみにしています。




Commented by manabinomori at 2010-02-02 21:21
みなさん、ありがとうございます。
本はいま出版できるかできないかの山場です…。
そんな時だからこそブックカバーをつくりました。
出版社にも提案させていただきました。
みなさんのコメントがたくさんあると参考になります。
よろしくお願いします。

Commented by オトイネップ保護者I at 2010-02-03 09:58 x
どれもそれぞれいいですね。

イメージが沸いてきたのは、
工芸の鉋やノミなどの道具と使いかけの絵筆や絵の具が
音威子府の森の中か、新雪に埋もれている絵が浮かんできます。
石塚先生の手にかかれば何でもできそうだと勝手に思いましたが、
無責任にもほどがありますね。

想いが強いほど、そこに込めるものも欲張ってしまいますが、
シンプルでなければならないのが辛いところですね。

いずれにしても完成を楽しみにしています。



Commented by manabinomori at 2010-02-03 18:02
ありがとうございます。
今回は「学びの森」等で公開した写真から選択しましたが、
未公開写真も膨大にありますので、
工芸科を意識した工芸の道具や作品を使う手もありますね。

ブックカバーのデザイナーはプロになると思いますが、
この例を参考にイメージを広げていただければ幸いです。

もし出版されれば、
ブックカバーは本の顔として大きな存在になります。
それだけに、私の思いもあります。
<< 美術展 接写 >>