ブザンソン美術館
b0108779_15164941.jpg
函館美術館で見せていただいてからというもの、どうしても欲しくなり、入手しました。
b0108779_15165932.jpg
この図録には、「ブザンソン美術館(正式には美術・考古館)は、フランスで最も古い美術館として知られ、その起源は1694年にまで遡ることができる」と、当時(1997年)のブザンソン市長であるロベール・シャヴィントが記しています。建物は、ル・コルビジェの弟子である建築家のルイ・ミケルによるものです。
b0108779_15171177.jpg
ピエール・ボナールの『水浴びをするマルト』(1919年)です。幅広い年代の作品がコレクションされているようで、絵画が2700点、デッサン5300点、彫刻200点、そして1000点以上の陶芸、版画、タペストリー、工芸品まであります。その中から110点を選りすぐり、「ブザンソン美術館展」として、函館、大阪、福山、帯広を巡回しました。
by manabinomori | 2010-07-12 20:08 | 松前高 国際教育 | Comments(2)
Commented by 南章子武川 at 2017-08-13 20:10 x
先回書かせていただきましたが,ご返事を待たず他の資料で書いてしまいました。お許しくださいませ。

沢山のことをこちらで学ばせていただき有難うございます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。
Commented by manabinomori at 2017-08-17 17:45
了解しました。よろしくお願いします!
<< 天候が回復 松高祭準備 >>