フランスの漫画(MANGA)事情
b0108779_14541176.jpg
ブザンソンにあるマンガ・ストアに入りました。地方都市ですが、フランスのマンガ事情を知る絶好の機会となりました。入るとすぐに飛び込んでくるのが日本のコミックです。壁には「MANgAS」と書かれた看板があります。
b0108779_14542315.jpg
フランスは欧米で最も日本の漫画が普及している国です。最新刊の漫画まで山積みされていて、ここは日本なのかと思ってしまうほどです。
b0108779_14544484.jpg
鉄腕アトムからナルトにいたるまで多様な漫画が壁面一杯に並べられています。その大きさは日本のコミックとまったく同じです。
b0108779_14545388.jpg
もちろん日本の漫画情報を満載した雑誌も発行されています。翔平君や賢也君が女の子に大人気だったのはこのよえな影響もあるのでしょう。
b0108779_1455393.jpg
地下には大判の芸術性の高い漫画が並べられています。ここにはフランスの漫画が多く、芸術作品として独自の発展をしていることがわかります。
b0108779_14551311.jpg
私が日本に持ち帰ったマンガです。通訳の伊都子先生のお力までお借りしました。ご配慮いただき感謝申し上げます。
b0108779_14552633.jpg
荒木飛呂彦の『ジョジョの奇妙な冒険』です。実は荒川の作品は、昨年、パリのルーブル美術館で開催された「小さなデッサン展-漫画の世界でルーブルを」という企画展に展示されました。ルーブル美術館は現在、漫画のアルバム・コレクション・プロジェクトを進めています。日本ではいまだに漫画を芸術として扱わない傾向にあり、文化庁が設立を計画した国立メディア芸術総合センター(アニメの殿堂)を「巨大な漫画喫茶」「税金の無駄遣い」としてあっさり切り捨ててしまいましたが、ルーブル美術館はコツコツとコレクションし始めているのです。日本はもっと漫画文化を大切にするべきです。
b0108779_14553569.jpg
漫画雑誌には日本の音楽情報も掲載されています。クールジャパンはこのようなところから発信されているのです。
b0108779_14554693.jpg
北海道出身の漫画家、荒川弘の『鋼の錬金術師』第1巻の表紙です。日本とフランスでは言葉以外全て同じです。韓国で買った少年ジャンプは、原画を裏返しにして、横文字のハングルを入れていました。つまり、左から読むようになっていたのです。ところがフランスのコミックは、横文字なのに日本と同じように右から読むのですね。これには驚きました。
b0108779_14555877.jpg
こんな感じです。まったく同じです。こうしてみると、これらは日本でつくり輸出している可能性があります。そこが知りたいですね。
by manabinomori | 2010-10-16 14:56 | フランス | Comments(0)
<< beat designer 海釣りスペシャル >>