Google日本語入力
b0108779_2022022.jpg
堪忍袋の緒が切れて、ATOKを待つことなく、Google日本語入力の導入を試みました。無償なのはありがたいことです。そして、よく使う言葉を入力してみました。

◯まつまえこうこう→松前高校
◯るい・ぱすつーるこうこう→ルイ・パスツール高校
◯こうぶんれん→高文連
◯かきざきはきょう→蠣崎波響
◯いしゅうれつぞう→夷酋列像
◯かねこおうてい→金子鴎亭
◯やまぐちほうしゅん→山口蓬春
◯びーとるず→Beatles
◯ぱぶろぴかそ→パブロ・ピカソ

凄すぎます。ATOKでしたら辞書登録しなければならない人名までスラスラ変換されます。これは使えますね。Googleの本気度を感じます。ただし、ATOKの電子辞書機能は、変換候補の意味と例文などを表示します。私のように国語が苦手な人間にとっては捨てがたいものです。もちろんiMacに付属している電子辞書やWebでも調べられますが、手間がかかりすぎます。この差はいかんともしがたいのです。教員になって真っ先に購入したものが広辞苑であったように、私はいつも辞書を必要としていますし、それをすぐに開いてくれるATOKにはかなわないのです。ただし、ブログのようなものを書くのであればGoogleは最適に思えます。
by manabinomori | 2011-02-06 20:08 | Apple | Comments(0)
<< 松前観光ポスター パリのギャラリー 6 >>