Macで一太郎
b0108779_1303313.jpg
Macで一太郎は使えるのか?この難題にチャレンジしてみました。iPhoneやiPadの普及もあり、Macを使用する人が増加傾向にあります。また、Intel Macの登場により、MacのマシンにWindowsをインストールすることができるようになりました。Snow Leopardに付属しているBootCampを使用すると、Macを完全なWindowsマシンとして起動することもできますし、仮想化ソフトParallels DesktopやVMware Fusionを使うと、Mac OS X上でWindowsをひとつのソフトとして扱えます。しかしそのためには、Windows7やXPなどのOSを購入する必要があります。ハードディスクの容量も必要です。そこで考えたのがCrossOver Macです。これを使えばWindowsのOSがなくても、Windowsのアプリケーションをネイティブに動作させることが可能です。さっそくMacBook AirにCrossOver MacでWindows2000のボトルをつくり、そこに一太郎2008をインストールしてみました。上の画像は、Miku=Mayuの「スリリング・トゥナイト」の歌詞を読み込んだところです。起動に時間がかかるのですが、一太郎が動いているだけで感激してしまいます。ただし、これが使えるものかというとそうではありません。とてもお勧めできるものではありません。できるのは一太郎ビューア程度のことです。とはいうものの、一太郎文書が沢山ある私にとってはありがたいことです。
by manabinomori | 2011-03-22 21:43 | Apple | Comments(0)
<< 人事異動 Beethoven - Moo... >>