新MacBook
b0108779_184172.jpg
新MacBookプロに触って来ました。サンディブリッジ採用で性能2倍と言われていますが、それほどの体感は得られませんでした。ただし、Photoshop、Premiere、Cubaseなどを使うと、クアッドコアの威力を体感することができるのではないかと思います。店頭のMacBookには、それらがインストールされていませんので確認することができません。このサンディブリッジは、実装コア数が仮想的に2倍となる「ハイパースレッティング」に対応していますので、クアッドコアでは実質8コアとして動作するということです。恐るべき時代になったものです。iMacが必要ないぐらいです。MacBook Airと比較すると、液晶の品質の高さを感じます。BTOで非光沢液晶が選べるというのも嬉しいことです。ただし、新しいインターフェイス「サンダーボルト」は様子見です。確かに超高速なのは認めますが、私にはUSB3.0が主流になっていくように思えてなりません。そのあたりをどう考えているのでしょうか。ともあれ、価格とデザインを変更せずに、これだけの進化を果たした新MacBookは素晴らしい。Appleの技術力の高さを改めて感じました。
by manabinomori | 2011-04-23 18:41 | Apple | Comments(0)
<< 音のスケッチ 二十億光年の孤独 >>