Apple Store Design
スティーブ・ジョブズが、「宇宙船が着陸したようなデザイン」のApple新社屋を建設すると先日お伝えしましたが、Appleがつくったアップル・ストアはこれまでの常識をくつがえすような大胆で美しいデザインばかりです。私がWindowsからMacに乗り換えた理由は、その美しいデザインに惹かれてのことでした。いまのAppleからは、製品ばかりか、建物、そして都市そのもののデザインをも変えて行こうとする勢いを感じます。それは、人間が根源的に求めている美への創造にチャレンジしているかのようです。
b0108779_1054652.jpg
アリゾナ州にある「Apple Storem, Scottsdale Quarter」です。約6mもある天井までをガラス面にしてしまいました。奥の風景も見えるほどです。その天井には約23mの天窓が設置されています。この開放感には驚くばかりです。
b0108779_10542192.jpg
ニューヨークの5番街にある「Apple Store, New York City」です。象徴的なのはガラスによるキューブ部分で、これが入り口になっています。質感や実際の大きさは行ってみないとわかりませんが、アップルのロゴが白く輝いているのがいいですね。建物と言うより造形作品のようです。
b0108779_10544117.jpg
ニューヨークのアッパーウエストサイドにある「Apple Store Upper West Side」です。前面はもちろんのこと、天井までガラスです。高さがあり、柱もなく、空間がとても広い。トップクラスのフロアを持っています。
b0108779_10545654.jpg
上海の浦東地区にある「 Apple Store, China, Shanghai」です。ガラス製の円筒が突き出したような形をしていて5番街のストアと似ています。

というわけで、アップル・ストアはこれからも世界中に進出していくことでしよう。このストアが画期的なのは、外観だけではありません。店舗レイアウトについても、空間を生かしたシンプルでお洒落なつくりになっています。Apple Designが世界を飲み込んでいくという印象さえ持ってしまいます。それだけに、その象徴ともなるであろうカリフォルニアの新社屋には期待したいですね。
by manabinomori | 2011-07-04 10:55 | Apple | Comments(0)
<< 振替休日 制作 >>