Mac に移行して1年
b0108779_20441820.jpg
b0108779_204425100.jpg
Windows から Mac に移行してもうすぐ1年になります。最初はとまどうことばかりでしたが、もう Windows にもどることはないでしょう。今日において、パソコンは筆記用具であり、百科事典であり、制作道具であり、世界とつながるコミュニケーションツールになっています。それを最も理想的なかたちで実現させたのが Mac です。MacBook Air のシンプルさ、iMac の快適さを知ってしまうと、例えソフトが限定されるという短所があったとしても後戻りすることなどできません。人間は、本能的に美しいものや快適なものを求めてしまうのです。Mac は所有することの喜びさえ与えてくれます。もちろん仕事では Windows を使いますが、キーボードのタッチ感、筐体の安定性、操作性、シンプルさ、デザイン、OS‥。Macは数年先を行っているように思えます。私たちの夢を実現させた製品であることに間違いはありません。問題は、スティーブ・ジョブズ亡き後、それがどうなっていくかということです。
by manabinomori | 2012-01-25 20:44 | Apple | Comments(0)
<< 困った H23回顧 演劇部全道へ >>