MacBook Pro Retinaディスプレイモデル
b0108779_22182321.jpg
MacBook Pro Retinaディスプレイモデルの登場は衝撃的でした。ジョブスが求めていた史上最も美しいノートパソコンの誕生を予感させました。その美を追求するにあたっては、「MacBook Pro」というロゴさえ底面に持って行くというのですから凄まじい。これまでの基本的なデザインを継承しながらも、そのコンセプトや細部の質感はこれまでで最高のものになっています。Appleが求めてきたノートパソコンの究極の姿ともいえ、その美しさは芸術の域に達しているといってもいいでしょう。その象徴になっているのが世界で初めてパソコンに採用されたRetinaディスプレイの美しさです。
b0108779_22183115.jpg
実際に触れてみると、その美しさに惚れ惚れしてしまいます。

b0108779_22183585.jpg
美しいのは外見だけではありません。高級オーディオのプリメインアンプがそうであるように、ほぼシンメトリーで、色彩までも統一された内部デザインも素晴らしい。ただ、私としては、RetinaディスプレイモデルはMacBook Air 13インチで実現して欲しかったというのが本音です。残念ながらMacBook Proが主役であった時代は終わりつつあるのです。
by manabinomori | 2012-06-17 22:31 | Apple | Comments(0)
<< 青空 もうすぐ釧路公演! >>