文化支援
b0108779_2326178.jpg
フランスは震災後の日本への文化支援を強化しました。昨年このブログでも紹介させていただいた「ギヨム・ボタジ展 HOPE2011」や彼の壁画制作はその一環でもあります。フィリップ・フォール駐日フランス大使の意気込みは本物です。札幌アリアンス・フランセーズで行われた協議会でも、明確に日本、しかも地方までへの支援を打ち出しました。特筆すべきは、それが釧路であっても可能という回答をいただけたことです。釧路や本校へのアーティスト派遣や本校のフランス語教育の支援も可能になったということです。ありがたいことです。いまの本校はドイツのことで精一杯ですが、このチャンスをどのように生かすか関係機関で検討しても良いかも知れません。文化で日本を支援するという発想はフランスならではのものですが、日本もこのようなアイディアを取り入れるべきだと思います。文化こそが日本を再生する力になるのですから。
by manabinomori | 2012-08-12 23:31 | フランス | Comments(0)
<< 完成 青と白 >>