Cubase 6.5
b0108779_955570.jpg
怠け者の私ではありますが、今日と明日の休日はとても貴重です。今日はキャッスルホテルでPTA連合大会の運営委員会がありますので、この機会に毛綱毅曠が設計したそのホテルを撮影してこようと思っていますし、音楽制作も進めたいと思っています。さて、Cubase 6.5 に搭載されたシンセサイザー「Retrologue」を使ってみましたが、厚みがあるアナログ的なサウンドが頼もしい。お気に入りは新たなエフェクト「MorphFilte」です。視覚的に操作できますので分かりやすく、しかも使って楽しい。「DJ-EQ」もせっかちな私にはピッタリです。他にも「ワープクオンタイズ」などの新機能も追加され、より便利になったという感じです。地道な進化はありがたい。
by manabinomori | 2012-09-01 09:20 | 制作 音楽 | Comments(0)
<< Padshop Pro は音楽... 雑感 >>