次期モデルへの要望
b0108779_13545313.png
私の「音楽制作」「動画編集」「画像編集」「文書作成(これは MacBook Air を使うことが多い)」は iMac で行います。その iMacも3年目になろうとしています。パソコンの世界では旧タイプになりつつあますが不満はありません。フランスのルイ・パスツール高校ではデザインやDTMの授業で、昨年訪問した札幌のビジュアル系専門学校や大学でも Mac が使われていました。印刷、デザイン、音楽業界では昔から Mac が強いのです。道内の高校では札幌平岸高校(デザインアートコース)が Mac を導入しています。iMac があるだけで、その場がクールになるのはデザインの素晴らしさからくるものでしょう。本校に3つあるコンピュータ室の1つが iMac だったらお洒落でスッキリするのにと思いますが、現実的には無理なことです。その iMac が来年にはモデルチェンジするかも知れませんが、できれば次の3点について改善して欲しいと思います。先ず、高さ調整機能を導入して欲しいということです。画面の高さは iMac の伝統として統一されていますが、テーブル面ギリギリまで下げられるなると、より多用な作業がしやすくなります。次に、放熱対策を強化して欲しいということです。動画編集などで長時間使い続けると、火傷するほどの高熱になりますがこれは心臓に悪い。最後はSDカードの挿入位置の変更です。以前も書きましたがこの位置は危険すぎます。ともあれ、iMac は美しく快適に作業できる最高のコンピュータです。近年利用者が増えているというのはそのことを裏付けているように思います。
by manabinomori | 2012-09-02 09:16 | Apple | Comments(0)
<< 生徒の声 釧路キャッスルホテル >>