ハポネタイ
b0108779_11224323.jpg
一昨日は札幌大学副学長の本田先生が来校され、本校の「アイヌ学」やドイツ派遣などについて幅広く意見交換をさせていだきました。アイヌ文化について深く学習できる環境にある釧路明輝高校と札幌大学との連携については様々な可能性がありそうです。そして昨日、私は十勝の清水町で開催されているアイヌアートフェスティバル「ハポネタイ」に参加しました。
b0108779_11334970.jpg
今年も森の中に6人のアーティストの作品が展示されていました。
b0108779_11343453.jpg
自然との一体感が感じられます。
b0108779_11362036.jpg
売店にはアイヌデザインによる小品が売られています。
b0108779_11371198.jpg
「アイヌ学」の授業で、本校生に「ムックリ」の作り方を指導して下さった鈴木さんの「ムックリ」までありました。
b0108779_11384428.jpg
感激したのが劇「魔法の森」です。自然や客席との一体感をうまく生かしながら、ベテランらしい演出と演技で語りかけてきます。奥が深い。そして考えさせられます。自分の生き方を自問自答してしまったぐらいです。観客までをも物語の主人公にしてしまうような作品でした。
b0108779_1146135.jpg
来年完成予定の「チセ」です。完成が楽しみですね。
by manabinomori | 2012-09-09 11:46 | アイヌデザイン | Comments(0)
<< 火曜日から秋季大会 トンコリ >>