松前藩
b0108779_18413284.jpg
アイヌ学では、松前藩とアイヌ民族の歴史について、講師の石黒先生が説明されていました。私が入室したときには「松前藩は他の藩と違って育てられない食物があった。それは何でしょう?」という質問がありました。もちろん「お米」です。寒冷地であった松前では稲作はできなかったのです。お米がとれないのに、財政は豊かでした。その秘密についても話されていました。それにしても、私は校長になってから、おといねっぷ美術工芸高校で“砂澤ビッキ”、松前高校で“夷酋列像”、釧路明輝高校で“アイヌ学”と、見事なまでにつながった高校を赴任しました。道教委がそこまで意識して人事を行ったかどうかは分かりませんが、偶然にしては出来すぎです。また、そこで関わらせていただいた大学や関係機関の皆様がドイツ派遣を支援して下さっています。人生とは不思議なもので、人との出会いが人生をつくるかのようです。感謝するしかありません。
by manabinomori | 2012-11-09 18:41 | アイヌデザイン | Comments(0)
<< 3年次生 授業への参加 >>