WiMAX
b0108779_2384945.jpg
7年前に校長になった当時、音威子府村のインターネット回線は“ISDN”でした。すでに札幌の自宅は高速回線になっていましたので、その遅さには呆れたものです。しかも村立高校のために、道立高校のような光回線は設置されていませんでした。これでは授業に影響が出るということで、私はNTTに“ADSL”化するように強く要請しました。NTTは丁寧に対応してくださり、すぐにADSL回線を設置してくれました。ここから「学びの森」の日刊化がスタートすることになったのです。松前では、自宅でADSL回線を使えましたので困ることはありませんでしたが、高校のインターネット規制の緩和を図りました。釧路でも同様です。ここに来てからは自宅にADSL回線を設置せず、どこにでも持ち歩けるモバイル通信の“WiMAX”を導入しました。釧路は都市部ということでWiMAXを自由に使える環境にあるからです。見学旅行などの出張先からもインターネットを活用したかったからです。そのWiMAXの契約が2月で切れるとの連絡がありました。モバイルルーターもNEC WM3800が発売され小型化されています。便利な世の中になったものです。LTEの普及もすぐそこまできています。
by manabinomori | 2013-02-24 23:09 | Apple | Comments(0)
<< 雪のグラウンド 雑感 >>