BiND for WebLiFE 6
b0108779_20333964.png
2年前に Windows から Mac に移行したために、ホームページの更新ができなくなってしまいました。それまで使っていた“BiND”が Windows 専用であったために使えなくなってしまったからです。Macには“iWeb”というシンプルで手頃なホームページ作成ソフトがあります。しかし内容的にはもはや時代遅れで、これを使おうとするデザイナーは皆無に近いと思われます。そこで考えられるのが、以前紹介した“Adobe Muse”、あるいは“BiND for WebLiFE 6”になります。“BiND”も進化を重ねるうちに極めて魅力的なソフトになりました。最新バージョンでは、WordPress 連携機能やCSS詳細設定機能まで加わり、プロでも使える内容になっています。価格を考えると“BiND”になりますが、iPhone や iPad 用のサイトを構築するためには、WebLiFEサーバーが必要になります。ここがどうしてもひっかかるのです。“Adobe Muse”にはそのような制約はありません。しかしこちらは価格がとて高いのです。年間プランで月1,600円、他のソフトも使える Creative Cloud の教職員プランで月3,000円です。しかも3月31日までの限定でそれ以降は月4,000円になります。本音を言えば、“iWeb”の最新バージョンに期待しているのですが、いまの Apple はハードの開発ばかりに力を入れてソフトは置き去りになっているような気がします。
by manabinomori | 2013-03-07 20:34 | Apple | Comments(0)
<< 第6期卒業生 春よこい >>