避けて通れない
b0108779_23242583.jpg
私はこの研究室で8年間教育と研究にかかわることができます。ありがたいことです。そこで避けて通れない課題があります。それが蠣崎波響です。
by manabinomori | 2013-04-12 23:25 | 石塚耕一研究室 | Comments(2)
Commented by 太郎 at 2013-04-13 17:37 x
蠣崎波響は江戸のどのへんに住んでいたのでしょう。本所とは?
もっと知りたいですね。研究のご活躍を期待します。
Commented by manabinomori at 2013-04-13 20:25
ありがとうございます。今年は慣れるので精一杯という感じです。来年度以降着手させていただきます。
<< 浅井幸子+若林克友「森の記憶」 納車から1週間 >>