スケジュール管理
b0108779_2212699.jpg
昨年から iPad と iPhone を使ってスケジュール管理をしてきましたが、やはり手帳の方が効率が良いことが分かりました。そこでスーツのポケット入るスリムな手帳を使うことにしました。これがけっこういけます。大学教員はスケジュール管理を適切に行うことが求められます。なぜなら、小・中・高のように全職員で毎日の日程を確認する打合せがありません。同僚と一緒の職員室もありません。それだけにミスを起こしやすいのです。つまりスケジュール管理をこれまで以上に意識して行う必要があるということです。
by manabinomori | 2013-04-19 22:02 | 石塚耕一研究室 | Comments(4)
Commented by 江原 正 at 2013-04-20 08:03 x
 私は、何度かデジタルなスケジュール管理に挑戦したことがありますが、なかなか思うようにいきませんでした。即応性やアナログの自在性、また、美術科教師ですので文字ではなくスケッチや大まかな地図の記入、更にクリアポケットに領収書などの挿入をしています。
Commented by manabinomori at 2013-04-20 18:06
確かにおっしゃるとおりですね。自由に書ける(描ける)ことは大切ですし記憶にも強く残りますね。
Commented by 江原 正 at 2013-04-21 01:52 x
もう一つ、電源、バッテリー切れを気にしなくてよいのがとても良いところです。
Commented by manabinomori at 2013-04-21 08:46
そうですね。最近はアナログ的なものに親近感を覚えます。通知表などもパソコンで印刷されたものより、担任の先生が直接書かれたものに愛情を感じてしまいます。
<< カラフル ART LABO 誕生! >>