確かな世界観
b0108779_11161326.jpg
b0108779_11161414.jpg
b0108779_11161627.jpg
b0108779_11161815.jpg
デザイン文化学科の様子を把握できるようになってくると、彼らが様々な才能を持っていることに気がつきます。まだ1年生と2年生しかいませんが、それをどのように開花させていくのか興味深い。それぞれが持っている個性を確かな世界観として定着させていくためには、多くの作品に触れること、思考を繰り返すこと、そして制作し続けることではないかと思います。
by manabinomori | 2013-05-29 11:17 | デザイン文化学科 | Comments(0)
<< 二十歳 撮影には光が必要 >>