研究
b0108779_10331915.jpg
大学教員は、教育者でありますが、研究者でもあります。その研究について、研究推進部のご指導をいただきながら、初めて「研究助成事業」なるものにチャレンジしてみました。これは、おといねぷ→松前→釧路とつながるテーマの一つで、デザイン文化学科教員にふさわしい内容だと思います。北海道文化の発展に貢献できればという願いが込められています。ただ、助成の決定については委員会の厳しい審査があり、それが通る確率は低いものと思われます。それでもチャレンジすることは大切です。写真の赤いポストに投函させていただきました。

今日は、明日開催する「デザインスクール」の準備をし、午後からは芸術の森美術館で行う1年生の授業に同行してみようかなと思っています。
by manabinomori | 2013-06-21 10:33 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< ロベール・ドアノー展 鑑賞 奥が深い >>