メディアアート
b0108779_20154257.jpg
11月に開催する個展期間中のイベントとして、私はデザイン文化学科有志と一緒に映像作品の公開をしたいと思っています。学生には発表する機会が大切ですし、そのことが才能を開花させる力につながります。ちょっとしたきっかけが思わぬ展開に発展することだってあるのです。本学科はデザインやマネジメントできる人材の育成に力をいれていますが、アーティストや研究者の育成だって可能です。これからの時代に必要な写真や映像などを駆使したメディアアートやメディアデザインは本学科の魅力の一つになり得ると思います。それに対応できる授業も行っています。ここでは高校生が大学に求める制作が可能なのです。私の研究室ではそこにも力を入れたいと思います。
by manabinomori | 2013-06-24 22:22 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 接写 Google検索 >>