SKETTO 前編 「みたて」
b0108779_222347.jpg
「scherzo特別ユニット SKETTO(スケット)」のスタッフは2年生です。
b0108779_22223296.jpg
1年生です。お茶を飲んでるところを撮影させて!とお願いしました。
b0108779_2223788.jpg
加賀城匡貴さんはステージパフォーマンス「scherzo」(スケルツォ)の主宰者です。
b0108779_22232775.jpg
NHK教育テレビの「ミ・タ・テ」の企画・構成も担当されました。
b0108779_22233144.jpg
三味線を披露する飯嶋君と佳菜子さんです。ともに帯広市出身で親近感を覚えます。
b0108779_22232923.jpg
加賀城さんが撮影された“山”をバックに「十勝小唄」が演奏されます。
b0108779_22235922.jpg
素晴らしい。佳菜子さんの新たな一面に触れることができました。
b0108779_22235768.jpg
松尾芭蕉を使って、「ウケるとは何か」について投げかけます。
b0108779_222413.jpg
客席を自然に巻き込んで全体をステージにしてしまいます。
b0108779_22242791.jpg
ガードレールが顔になっている。これが「みたて」です。
b0108779_22242925.jpg
さあ、みんなで「みたて」を探しましょう!
b0108779_22243127.jpg
発見したものをデジカメで撮影して行きます。
b0108779_2224595.jpg
それを投影しながら解説していきます。いやー、これはおもしろい。
b0108779_222517.jpg
伊藤先生が口琴を演奏し、それをバックミュージックにしてしまいます。
b0108779_2225463.jpg
これは「四人の顔」です。この発想の転換が新鮮です。以上、前編でした。
by manabinomori | 2013-06-28 22:26 | デザイン文化学科 | Comments(0)
<< SKETTO 後編 「身体表現」 レット・イット・ブリード >>