再生の空間デザイン
b0108779_19474624.jpg
今日は田川先生の「空間デザイン論」を見学させていただきました。本科目の目標は、建築空間と人間の生活との関係を論理的に探求することです。本時は「再生の空間デザイン」がテーマです。
b0108779_19474868.jpg
用途を変更して改修する「コンバージョン」について、身近な例を参考にしながら説明されました。今日の授業のために、現地を訪問して写真撮影をしたり、新聞の切り抜きを準備したりと、田川先生ならではの工夫がなされていました。
b0108779_19475291.jpg
コンバージョンの代表例が「オルセー美術館」です。この建物はもともと1900年のパリ万国博覧会開催に合わせて建設されたオルセー駅でした。設計者はヴィクトール・ラルーです。その後、建築家ガエ・アウレンティの改修により美術館として生まれ変わったのです。なるほどという感じです。というわけで、札幌にある「ろいず珈琲館」(旧小熊邸)や「ギャラリー犬養」、さらには函館、小樽、美唄、東京などの例を示しながら「再生の空間デザイン」について学びました。
by manabinomori | 2013-07-08 20:15 | デザイン文化学科 | Comments(0)
<< スキー部 29.8℃ >>