アイディア発想法
b0108779_1430101.jpg
b0108779_14301279.jpg
b0108779_1430148.jpg
b0108779_14302566.jpg
b0108779_14302622.jpg
b0108779_14302810.jpg
b0108779_1430383.jpg
b0108779_14304174.jpg
b0108779_14304350.jpg
b0108779_14305330.jpg
b0108779_1430556.jpg
b0108779_14305732.jpg
b0108779_1431863.jpg
b0108779_14311051.jpg
b0108779_1431129.jpg
笹川先生の「アイディア発想法」を参観させていただきました。二コマ目は2年生の2クラスの授業で、今回の課題は「セカンダリーファンクション」(もうひとつの機能)です。既存のモノにもう一つの機能や役割を持たせようという試みです。各自が考えたアイディアを写真を使って発表しました。笹川先生の授業では、学生の思考力を刺激し創造力の育成を図るという大切な取り組みが行われています。発想力の育成はデザイン文化学科の学生において特に大切なことの一つではないかと思いました。それぞれのアイディアも良かったのですが、私を驚かせたのは写真の技術です。「映像メディア」の授業の成果がしっかり発揮されていました。一つ一つの授業はつながっているのですね。2年生は、クリップをつないで“のれん”にしたり、紙コップで“モビール”を作ったりするなど、身のまりにで不要になったモノを上手に再利用して作品に仕上げていました。ボールペンのシンを抜いてシャープペンシルのシン入れにしてしまうというアイディアは特筆もので、学園オリンピックの知的財産部門で紹介したいと思いました。というわけで、アイディアはもちろんですが、写真そのものの質が高く魅力的でした。90分がアッと言う間に過ぎてしまったという感じです。
by manabinomori | 2013-07-15 17:35 | デザイン文化学科 | Comments(0)
<< 色を加える デザイン文化概論 >>