アニメや映像を学べるの?
b0108779_2043466.jpg
高等学校の「美術」では、「絵画・彫刻」「デザイン」「映像メディア表現」の三分野を学ぶことになっています。新学習指導要領においては、「映像メディア表現」を伝達のための表現能力の育成から、写真、ビデオ、コンピュータなどの特性を生かして感じ取ったことや考えたことを基にした表現能力の育成を図るようになりました。学習指導要録の解説には、「写真で自己の思いや感動を表現したり,想像力を働かせてコンピュータで空想の世界を描いたりすることなどが考えられる。」とあります。「写真では,アイデアスケッチや試し撮りをして構想を練ったり,ビデオやアニメーションの表現では,場面のつなげ方やカットの構図などによる効果的な表現を工夫するため,絵コンテを作成しながら構想を練ったりすることが考えられる。」とのことです。同時に、「手づくりの装置によって動画を制作する場合や,アニメーションの原画を筆などで描く場合などは,手で描いたりつくったりすることもここでの技能となる。」としています。高校における映像メディア表現の存在が年々高まっていることは間違いありません。

本学のデザイン文化学科では、高校の「映像メディア表現」をさらに発展させる科目を設置しています。それが「映像メディア」「アニメーション論」「グラフィックデザイン」などです。希望者はそれを学び「ゼミナール」や「卒業研究」でさらに深めていくことが可能です。先日、「東海大学札幌キャンパスでアニメや映像を学べるのですか?」という質問をいただきましたが、意欲があればそれは可能です。本学科は学生の持っている個々の能力を伸ばすことを大切にしています。「グラフィックデザイン」「広報・広告デザイン」「商品デザイン」「建築・インテリアデザイン」の4つの分野を中心にしながら、デジタルもアナログも使いこなして幅広い分野で活躍できる能力、多様なフィールドで知識や技術を発揮してデザインやマネジメントができる人材を育成していきます。
by manabinomori | 2013-07-16 20:05 | デザイン文化学科 | Comments(0)
<< さわやか フォントデザイン >>