学校経営
b0108779_1730797.jpg
明日の講演の配布資料を作成しようと思ったら、高校関係の資料は全て東海大学の研究室に置いてきたことに気がつきました。大学は日曜日まで閉鎖されていますので、予定していた雑誌や新聞に掲載された記事が使えないのは残念です。なんて間抜けなことなのでしょう。

今回のテーマは学校経営についてですが、具体的には校長に求められる創造力と実践力ということになります。教育に必要なのは言うまでもなく「学校と家庭との信頼関係」です。いいかえると「教師と生徒(保護者)との信頼関係」ということになります。それが深ければ深いほど教育効果は高まりますし、例え問題が生じたとしてもすぐに解決できます。では、その信頼関係とはどのようにすれば深まるのでしょうか。また、魅力ある学校を創造することが必要だといわれていますが、魅力ある学校とはどのようなもので、どうすればそうなるのでしょうか。このあたりについて、これまで経験した3校を例に、失敗談を交えながら具体的に話をさせていただこうと思っています。

PS,おととい地下鉄の通路で明輝の卒業生に会いました。私の声で気がついたようです。大人になっていましたね。頑張っているようでうれかったですね。ときどき明輝の卒業生とは遭遇します。
by manabinomori | 2013-08-16 17:30 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 夕方に講演します ビデオアーティスト >>