本格芋焼酎「阿蘇乃魂」
b0108779_21451727.jpg
東海大学が開発した商品の一つとして、ムラサキマサリ(サツマイモ)を用いた高度循環型醸造に関する産官学研究「醸造かすを出さないゼロエミッションプロジェクト」として誕生した本格芋焼酎「阿蘇乃魂」があります。原料として使用されているムラサキマサリは九州沖縄農業研究センターで育成された品種で、これを東海大学農学部(阿蘇キャンパス)で生産し、房の露酒造が醸造しています。大学ブランド商品(お酒)としては、東京大学の泡盛「御酒」、京都大学のビール「ホワイトナイル」、香川大学の赤ワイン「ソヴァジョーヌ・サヴルーズ」などと並んで人気です。ラベルには東海大学のロゴも入っています。今回それを入手しました。房の露酒造では「果実酒のようなフルーティーな香り」と宣伝しています。私は焼酎をあまり飲まないのですが、確かにフルーティーです。東海大学のホームページには、農学部の荒木朋洋教授が「おいしくて健康によく、しかも環境負荷が少ない、そんな新しい農産物ブランドを目指したい。」とコメントしています。
by manabinomori | 2013-09-17 21:46 | 東海大学 | Comments(0)
<< 個人面談 しあわせの周辺 >>