授業
b0108779_17154241.jpg
昨日の1・2時限目の「デジタル表現A」の授業は欠席者がいました。全員に出て欲しかっただけに残念です。ということもあり、昨日の放課後や今日の昼休みには、休んだ学生と出会うと声をかけてしまいました。理由はともあれ180分の授業を休むということは、その学生にとっては自ら成長する貴重な時間を失ったことになります。授業料を負担している保護者を悲しませることにもつながります。何よりその時間で制作すべきだった課題が残ってしまいます。その分は放課後などで頑張ってくれるとは思いますが、授業は大切にして欲しいですね。そのためにも健康に留意し、残り少ない授業に望んで欲しいと思います。
(写真は桂君の作品「水電球」)
by manabinomori | 2013-12-03 17:16 | デザイン文化学科 | Comments(0)
<< 歴史の一場面にいるようでした 札幌市もいわ地区センター >>