留学生修了式
b0108779_204833100.jpg
今日は「秋セメスター短期受入留学生修了式」を挙行しました。写真は学長補佐挨拶です。吉村先生は米国のミズーリ大学を修了しているだけあって英語での挨拶です。
b0108779_20483470.jpg
修了証書授与です。留学生は修了証書をもらってとても喜んでいました。このあたりは日本の学生とは違うところです。
b0108779_20483672.jpg
留学生代表挨拶です。3ヶ月で日本語がとても上手になりましたし、ここで学べて良かったという気持ちが伝わります。
b0108779_204913.jpg
DA(ドーム・アドバイザー)挨拶です。心のこもった素敵な挨拶でした。
b0108779_2049338.jpg
純奈さんの挨拶は英語です。そして最後は一人ひとりへのメッセージを日本語で行いました。これがとても感動的で涙を誘いました。楽しかったこと、辛かったこと、悩んだことなど、3ヶ月間ではありましたがそこには様々なドラマがあり、交流をとおして多くのことを学び、友情を深めたことが分かります。あまりにも感動的だったので、終了後に「良かったよ!」と握手をしてしまいました。デザイン文化学科としては初めてのDAでもあります。
b0108779_2049444.jpg
次にディーン先生が編集したスライドショーが流れました。選曲も良くて思い出が蘇ります。
b0108779_20493816.jpg
最後は記念撮影です。留学生のみなさん、おめでとうございます!
b0108779_20494017.jpg
留学生やDAのみなさんが語っていたように、教職員と学生が一体となって留学生を受け入れていたことが分かります。それをベースにした交流によってお互いに成長することができたのです。これは札幌キャンパスならではのものです。
b0108779_20494292.jpg
というわけでその余韻は今なお続いています。友情の輪が世界に広がっていくことを感じるとともに、国際交流の素晴らしさを実感させられた一日となりました。
by manabinomori | 2013-12-10 20:50 | 札幌キャンパス | Comments(0)
<< オリジナルキャラクターデザイン① 色彩は極めて重要な要素 >>