雑感
b0108779_1214145.jpg
b0108779_1214356.jpg
b0108779_1214589.jpg
私にとっては勤務先と職種が変わるという激動の1年でしたが、東海大学札幌キャンパスで繰り広げられるドラマに参加することができ、楽しい1年でもありました。いま考えてみると、多くの学生や教職員に助けられてきたことが分かります。何より自宅から通勤できることの幸せを感じました。学生の成長からエネルギーをもらいましたし、地域とのつながりも生まれました。先日、ロゴデザインで学生が取材を受けた時に、道新の記者が私に「研究室の学生さんですか?」と訊ねられましたが、そこで、「はい、うちの研究室の学生です。凄いでしょ!」と言えるようにならなければならないと思いました。それが大学教員の仕事なのでしょう。
by manabinomori | 2013-12-31 12:03 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 回顧2013年① フォトエッセイ デジカメなんてなかった時代に >>