北海道スウェーデン協会
b0108779_23431035.jpg
今夜は北海道スウェーデン協会の講演会「スウェーデン北部の歴史、文化、生活および経済」と新年会に参加させていただきました。講師のホーコン・ヘンリクソンさんはノルボッテンの生まれで、私たちがこれまでイメージしていたスウェーデンとはまた違う世界を紹介して下さいました。興味深かったのはノルボッテンの「寒い」「暗い」「広い」という欠点を長所に変える政策を行って成功を収めたということでした。その一つの例が“アイスホテル”です。氷の上に氷のホテルを作り人を集めてしまおうという発想です。このようなことは北海道でも参考になるはずです。交流会では多くの皆様と交流させていただきき、スピーチする機会までいただきました。ありがとうございました。
by manabinomori | 2014-01-29 23:43 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 生徒への愛情と教育への情熱 自主製作映画の撮影 >>