2年目
b0108779_9495982.jpg
秋学期定期試験の3日目になります。デザイン文化学科は実技科目が多いということもあるのでしょうか、昨日と今日は学生と出会うことがほとんどありません。札幌キャンパスは強風が吹いていて歩くのが大変な状態です。1年生のfacebookには「みんなと会えなくなるのが寂しい」というようなことが書かれていたりしますが、それはそれだけ交流が深まったとという証でもあります。これからの期間を有意義に過ごして欲しいと思います。一方で、私の方は新年度に向けての本格的な準備がスタートします。ゼミがスタートするのと同時に授業科目が大幅に増える予定ですので、シラバスの作成はもちろんですが、授業展開の方法や外部機関との連携を構築しておく必要があります。また、デザイン文化学科をいかにして地域や全国へアピールしていくのかという課題もあります。2年目ですので甘えは許されません。
by manabinomori | 2014-01-31 09:50 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< ビアンカがグランプリを受賞! 生徒への愛情と教育への情熱 >>