ゼロ・グラビティ
b0108779_19332953.jpg
久しぶりに映画を観ました。場所は新千歳空港の“じゃがポックルシアター”で、映画は『ゼロ・グラビティ』(GRAVITY)です。3Dは避けたかったのですが、それしか上映していませんでした。ところが、これが実に良くできていました。これまでのような3Dの特徴を前面に出したものではなく自然に楽しめました。観客の80%が3Dで鑑賞という意味が理解できました。とにかく映像が美しい。最後の最後まで美しい。そして、“でぶんチャンネル”の参考になりました。刺激をいただきました(私は単純な男なのです)。3月6日には学生と打合せをして内容の検討に入ります。購入するビデオカメラとボイスレコーダーも決まりました。4月からはデザイン文化学科の魅力をYouTubeでもアピールしていきます。
by manabinomori | 2014-02-23 19:38 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 太刀川英輔さんの「デザインの文法」 えびそば一幻 >>