教材研究
b0108779_858164.jpg
この春に退職された林先生が担当されていた授業『デザイン文化概論』は、デザインを学ぶ学生たちの入り口のような存在です。それを私が担当することになり、教科書として指定している『近代デザイン史』と『デザインとは何か』という2冊の本を購入しました。これがないと授業ができません。専門書はとても読みづらいものです。私の学生時代はアンダーラインを引いたり、辞書を片手に読むということもありました。この2冊は比較的読みやすいと思います。まともに買うと高いのでAmazonから中古本を購入しました。便利な時代になったものです。いよいよ来週から授業がスタートします。教材研究に追われています。
by manabinomori | 2014-04-03 08:59 | デザイン文化学科 | Comments(0)
<< ガイダンス(芸術工学部と1年生) スタートしました >>