グラフィックデザインB
b0108779_1435789.jpg
「グラフィックデザインB」の授業がスターしました。受講している学生にはお話しましたが、この授業は(ゼミや卒研を別にすれば)、私にとって最も重要な授業と考えます。ですから、東海大学らしい質の高いグラフィックデザインを創造する場であって欲しいのです。また、その力がデザイン文化学科の3年生にあることを実感しました。シラバスには以下のように記載しました。

本授業は、地域にある企業、事業所、自治体、商店街などと連携しながら、デザインのスキルを高める実践的な制作を行います。グラフィックデザインに求められるコンセプト、コミュニケーション力、表現力、発信力を高めることを目標にしながら、地域文化の創造へとつながる制作を行います。また、個々が持っている能力を伸ばすことにも配慮し、ポスター、パッケージデザイン、ミニブック、キャラクターデザインなどについて専門的な制作を行います。

企業との連携も可能になりましたので、5月中旬には全員で企業を訪問し、デザイナーとしての立場からポスター、パッケージデザイン、ミニブック、キャラクターデザインなどを制作してもらいます。より実践的な経験によって、学生のデザイン力が高まることを期待しています。

本日から3回の授業では、自分をアーティスト又はクリエーターに想定した「イベント」(個展、コンサート、研究発表など)のチラシをA4版裏表で作成します。さっそくその準備に入りました。大胆であったり、お洒落であったり、斬新であったりするアイディアが出ています。楽しみです。
by manabinomori | 2014-04-11 14:04 | 授業 グラフィックデザイン | Comments(0)
<< アニメーション『A rikui』 春学期がスタートして1週間 >>