Logic Pro X
b0108779_21435873.png
Macを使い続けると「Logic Pro X」が欲しくなります。「Cubase」は細部にまで配慮が行き届いた最高の音楽制作ツールですが、それでも「Logic Pro X」が欲しくなります。なぜかといいますと、①Macに最適化されたアプリケーションであること。②複数のMacへのインストールが可能であること。③「X」になって「Cubase」並みの機能が搭載されたこと。④デザインに優れ直感的な操作が可能になったこと。⑤なによりドングルがいらないからです。ドングルレスは自宅と大学でのレコーディングをスムーズにさせますし、USB端子を生かすことも出来ます。さて、それはそれとして、本当のことを言いますと「OS X Mavericks」にアップグレードしてから「Cubase」の不具合が目につくからなのです。他のアプリケーションにもその傾向がみられます。これって、Appleの戦略じゃないのかと思ってしまうほどです。ですから、この秋に予定されている「OS X Yosemite」の登場はちょっとした恐怖でもあります。この歳になると新しいアプリの導入は苦痛です。一からそれを学習しなければならないからです。でもそうだとしても「Logic Pro X」は魅力的だったりするのです。
(画像はAppleのホームページより)
by manabinomori | 2014-06-24 21:44 | Apple | Comments(0)
<< アニメーションの制作 山道は気持ちが良い >>