山中湖
b0108779_19023959.jpg

今朝早起きして撮影したものです。
山中湖にしても
富士山にしても、
これまで抱いていたイメージほど
美しくはありませんでした。
むしろ洞爺湖から見える羊蹄山の方が
私には美しかったりします。
小さな頃から積み重ねられたイメージが
知らず知らずのうちに
大きな幻影にまで成長していたのかも知れません。

研修が終了して一安心ですが、
ここで感じたことはこれからの私にとって
とても重要なことです。

① アクティブラーニングをどのように展開させるのか。
② 日本や道内で活躍できる人材をどのように育成するのか。
③ 世界に発信できる研究をどのように推進するのか。

ということです。
これらは東海大学の教員になってから考えてきたことではありますが、
学長や副学長のお話から、
あらためてこのことを痛感させられました。
困難はありますが夢は大きく持つべきなのでしょう。
そしてこれこそが
デザイン文化学科の発展に貢献できる力になるような気がしました。

(羽田空港からの投稿です。眠い。)

by manabinomori | 2014-08-22 19:03 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< ビートルズのデザイン地図 ドラえもんを観に来たわけではあ... >>