Logic Pro X - MIDI EDITING
b0108779_15083676.png

Logic は、
Cubase と同様にドイツ生まれのDAWですが、
Apple の傘下になってから存在感が薄くなってしまいました。
このままフェイドアウトしてしまうのではないかと思ったときに、
Logic Pro X が発表されました。
昔から憧れのDAWということもあり、
今回使ってみることにしました。

ショパンの『雨だれ』のMIDIデータを読み込んでみます。
すると、Steinway Grand Piano が選択されます。
付属音源としては十分な音質です。
サンプラー EXS24 mkⅡ が使われているのでしょう。
このあたりのセッティングは、
Cubaseとは全く違います。

ここからMIDIの編集にチャレンジしていきます。
正直言いまして何が何だか分かりません。
Cubase なら5秒でできることが5分かかることもあります。
しかし必要なものが適切に配置されていて、
慣れてしまえば効率よく作業ができそうです。
視覚的に分かりやすくなっているのがいいのです。

エフェクトはちょっと使いずらい。
文字が小さめで、
最新のデザインとはいいがたい。
それでも Space Designer あたりは高品質で気持ちがよい。

by manabinomori | 2014-08-24 15:09 | Apple | Comments(0)
<< Logic Pro X - D... Logic Pro X >>