教育とは何か
b0108779_20483971.jpg
今年は、ホイスコーレ札幌の第12期と第13期の講義を担当させていただき、ゼミ生やART LABOのメンバーも何人か参加しました。先日は音威子府村へ皆さんを引率させていただきました。そして来年度は松前町への引率が予定されています。なんとなく最近はホイスコーレ札幌の一員になったかのようでもあります。この勢いで、第14期の講義も担当することになりそうです。これまで「文化が地域を元気にする=松前と夷酋列像」(第12期)、「文化で地域を活性化させる=釧路とアイヌ文化」(第13期)と講義をさせていただきましたので、もし第14期を担当することになれば「教育とは何か」をテーマに直球で勝負をさせていただきます。いまだから話せる生徒指導の実践を中心に、教育の本質に触ることができれば幸いです。
(画像はホイスコーレ札幌のホームページより)
by manabinomori | 2014-11-18 20:49 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 時代とともに変化 けっこう難しい >>