チャレンジしてみたい
b0108779_20375064.jpg
最近の Cubase 7.5 を使っていると、一体このソフトウエフはどこまで進化を続けるのだろろうと思ってしまいます。これにコードトラック用のMIDI素材集が付属されれば、もう十分ではないだろうかと思います。今後は、より使い勝手にすぐれたデザインへと進化してくれることを願うばかりです。さて、もし私が「DTM」の授業を担当させていただくことができたなら、学生にやらせてみたいことがあります。実は、彼らが制作しているアニメーションや動画の音楽は、そのほとんどがフリー素材を使っています。つまり、そこにオリジナリティがないのです。その音楽を自分たちで作れるようにしたいのです。デザインを学ぶ学生は音楽にも優れた感性を持っています。軽音部で活躍している学生もいるわけで、その眠っている才能を開花させることができたら最高でしょう。チャレンジしてみたい授業の一つです。
by manabinomori | 2014-11-23 20:38 | デザイン文化学科 | Comments(0)
<< クラウス・フォアマン自身が描い... 風格 >>