準備を本格化
b0108779_21093532.jpg
そろそろ海外フィールドワークの準備を本格化させなければなりません。今回訪問するのはデンマークとスウェーデンで、その拠点として考えているのが「東海大学ヨーロッパ学術センター(デンマーク・コペンハーゲン)」です。この施設を利用させていただくことが何よりもの優先課題となります。海外で研修してみたいという学生は数多くいるのですが、実はそのネックとなるのが費用なのです。それを安く抑えるためにはどうしてもここを活用させていただくことが必要です。その場合は、自炊になりますが、それまた良き経験になることでしょう。おとぎの国の首都と呼ばれるコペンハーゲンや美しい近代都市ストックホルムは、ともにデザインの先進都市です。本学科には最適な研修場所であり、多くのことを学ぶことができます。現地の大学生や地域住民との交流は彼らを大きく成長させる力となることでしょう。まだ大学の受け入れ先も決まっていませんが、それをできるだけ早く具体化させ、12月中、あるいは1月中には学生に明示したいと思っています。多くの学生に参加していただき、国際社会で活躍できる人材へと育って欲しいと願っています。
(写真は2008/5/18ストックホルムにて、私の隣は工芸作家のいくるさん)
by manabinomori | 2014-12-02 20:39 | 海外フィールドワーク | Comments(0)
<< ブルゴーニュ大学 個展が始まりました >>