はじめの二歩展
b0108779_20522764.jpg
昨年はデザイン文化科学科1期生の映画『誰かが』(監督 西村佳菜子さん)が、札幌国際短編映画祭2014オフィシャルセレクション・ジャパンオフシアター部門で入選するという快挙がありました。本学科のメディア部門も着々と力をつけていて、「グラフィックデザインB」の八剣山ワイナリー・ブランディング、あるいは「アニメーション論」などからも、多彩で優れた作品が生まれています。「はじめの二歩展」は、そのような映像作品を観ていただこうと、2期生の山本絵理さんと齋藤瑞樹さんが中心になって企画したものです。多くの皆様のご来場をお待ちしております。詳細につきましては後日紹介します。
by manabinomori | 2015-01-02 20:53 | デザイン文化学科 | Comments(0)
<< 卒業制作・修了展鑑賞ツアー 石塚耕一ゼミ >>