MacでBlu-rayディスクを作成する(前編)
b0108779_21502321.jpg
新年早々、難題に取り組んでいます。スティーブ・ジョブズは、MacにはBlu-rayドライブを搭載しないと明言していただけあって、MacはBlu-rayに対して極めて不親切です。外付けのBlu-rayドライブを使ったところで再生するソフトさえないのが現状です。しかし、ブルーレイプレイヤーが多くの家庭に普及した以上、それを無視することはできません。せっかくの動画を低画質のDVDに焼いて配布するという時代ではなくなっているのです。そこで、MacでBlu-rayディスクの作成にチャレンジしてみました。私が使用したのは、I-O DATAのBlu-rayドライブ「BRP-UT6N」(Mac対応とは記載されていない)と、App Storeで購入した「Compressor」です。けっこうな出費になりましたが、「BRP-UT6N」はCDも焼けますし、電源供給も安定しています。「Compressor」はBlu-rayを焼けるのはもちろんですが、Final Cut Pro Xからの書き出しにも使えます。というわけで、今、この時点でも悪戦苦闘しています。結果は明日報告させていただきます。
by manabinomori | 2015-01-03 21:51 | Apple | Comments(0)
<< カバー 制作メモ13 誰もが驚く >>