Glyphs
b0108779_21332299.jpg
今日は、授業の中で「フォント」について考える機会がありました。また、研究室を訪問してくれた学生とはレタリング辞典を見る機会がありました。これだけパソコンが普及すると、内蔵されている「フォント」に頼ってしまう傾向があったり、一方では他にはない自分だけの「フォント」が欲しいと考える学生もいたりします。そんな時に、自分でフォントを作成できるMac用のソフト「Glyphs」は便利です。フォントデータはIllustratorでおなじみの「ベクター形式」でできています。その作成はもちろんのこと、SVGファイルの読み込みもできます。フォント作りがパソコンで気軽にできる時代になりました。ただ価格がちょっと高いのが残念です。
by manabinomori | 2015-01-19 21:34 | Apple | Comments(0)
<< 制作メモ25 壁を舞台に アニメーション >>