ビョルグに掲載されました
b0108779_18071617.jpg
スウェーデン交流センターで発行している「ビョルク」125号に、11月25日に本学で開催したアントニア・リンデルさんのセミナーが紹介されました。記事の内容はこの「学びの森」を転載したものになっていますが、大きく紹介していただき心より感謝申し上げます。写真には学生の生き生きした姿が写されています。この冊子は多めにいただいていますので、関心のある学生さんがいましたら声をかけてください。
b0108779_18073984.jpg
ところで、海外フィールドワークではデンマークとスウェーデンを訪問する予定ですが、学生からは他の国も訪問したいという要望が出ています。旅費のこともありますので簡単には変更はできません。もし行くとしても、近郊のオスロ(ノルウェー)、ハンブルク(ドイツ)、ブレーメン(ドイツ)、ベルリン(ドイツ)、アムステルダム(オランダ)あたりになるかと思います。ライプツィヒ(ドイツ)であれば、ライプツィヒ大学とは連絡がとれますので、もしかすると訪問は可能かと思います。が、少し遠いですね。基本的にはコペンハーゲン(デンマーク)とストックホルム(スウェーデン)が中心となりますので、慎重に検討させていただきます。大切なことは、そこに世界的なデザイン施設があり、有益な学びができるかどうかということですね。
by manabinomori | 2015-01-28 22:52 | 北欧デザインプログラム | Comments(0)
<< 地域に開かれた大学 アイヌデザイン >>