iPhone 6 Plus
b0108779_20205219.jpg
iPhone 6 Plusで画期的なのは、ソニーの光学式手振れ補正が搭載されていることです。このちっちゃなレンズにです。そのためネット上では「失敗写真が減った」とか、評論家は「AF速度や手振れ補正はコンデジクラスと言ってもいい」と絶賛です。ところがです。私のPlusは、4Sよりもねぼけた画質になっていたので使う気がしていませんでした。所詮はiPhoneだと思っていたのです。が、家族や他の人のそれを見てビックリです。恐ろしくシャープなのです。そこでそれを2台並べて撮影してみました。すると、私の機種のピントが甘いことが判明しました。こんなことってあるのですね。もちろん交換と言うことで、明日、新しいPlusが届きます。届いたら本格的にカメラを使ってみることにしましょう。
by manabinomori | 2015-02-24 20:21 | Apple | Comments(0)
<< 準備に入ります プリクラ >>