INTUOS PRO
b0108779_21423315.jpg
どうやら、今年はイラストを描いて発表する機会が生まれそうなので、WACOMの「INTUOS PRO M」を購入しました。タブレットを使うのは10年振りという感じで、その進化に驚かされます。まだ、使い方もよく分からないのですが、Photoshopで遊んでみました。モデルとなったのは「サンク珈琲香房」の阿部さんです。似ているかな〜。
b0108779_21425942.jpg
このタブレットはイラスト制作ばかりではなく、写真の加工にも重宝しそうです。個展"I Am the Walrus"の作品は複雑になりそうなので、これを使って写真の上から描いてくつもりです。「INTUOS PRO」はなかなかの製品です。マルチタッチ操作もできて、Macで使っている操作がそのままできるのは便利です。表現力もビックリするほど向上しています。まだ慣れていませんが、効率的に仕事ができる配慮がなされています。ただ、サイズは「S」でも良かったかも知れません。
b0108779_21425116.jpg
この決断をすることになった背景の一つに、東京フィールドワークで中さんのアトリエを訪問させていただいたことがあります。実は、学生以上に私が刺激を受けていたのです。中さんが使われているような液晶ペンタブレットは無理としても、一般的なタブレットであれば私のスタジオにも導入可能と言うことで、さっそく使い始めました。
by manabinomori | 2015-03-08 21:43 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 学生が取材 ロイズ アイスヒルズホテル i... >>