オーレ・エクセル・イン・モーション


世の中というのは本当に不思議なもので、今回の海外フィールドワーク「北欧デザインプログラム」ではスウェーデンを訪問しますが、実は、スウェーデン・グラフィックデザインの巨匠であるオーレ・エクセル氏が、ストックホルムの自宅アトリエに残した未発表作品を含むイラストを、マックス・ワイントラウブさんによってアニメーション化された作品『オーレ・エクセル・イン・モーション(Olle Eksell in Motion)』が私の研究室にはあります。新年度の授業「アニメーション論」で披露させていただこうと思っていましたが、この音楽を担当されたのが、木原健太郎 with ベリーメリーオーケストラで、この映像と音楽のコラボレーションは釧路で鑑賞させていただきました。このブログでも紹介しています。健太郎さんやマックスさんとはつながりがありますので、何か新たな可能性を模索できないものかと思ったりします。ともあれ、これは素晴らしいアニメーションです。
by manabinomori | 2015-03-19 18:12 | 北欧フィールドワーク | Comments(0)
<< そろそろ 企業と連携したデザイン教育 >>